2018年05月10日

カシオ

カシオ計算機です。

5月9日に開かれた2018年3月期(2017年度)
決算説明会の場で、かねてより報道の
あった「コンパクトデジタルカメラ市場
からの撤退」を正式に発表したそうです。

同社は今後、マス市場向けの「カメラ」
という形の製品からは一度撤退し、
B2B用途やカメラ技術を応用した
新ジャンル製品など、「カメラを別の形で
活かした新しい製品」(同社・樫尾和宏社長)に
事業を切り換えていくそうです。


カシオの2017年通期の決算は、売上高3148億円
(対前年比98%)、営業利益296億円
(対前年比97%)と、ゆるやかな減少に
なったそうです。

現在牽引しているのは、「Gショック」
などを中心とした時計事業と、学校などを
中心に売れている関数電卓「GAKUHAN」の事業。
一方で、赤字だったのが、デジタルカメラ・
楽器・プロジェクターの3事業だったそうです。
計画未達要因のうち、実に3分の2が
「赤字3事業」だったそうです。

時代がどんどん変わっています。
デジカメは厳しいでしょうね。
これからどうするかですね。
注目です。


posted by masa at 08:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする