2018年05月16日

中古マンション

不動産情報サービスのアットホームが
首都圏の中古マンション成約価格を
まとめたそうです。

2013年3月の2021万円から
年々上昇を続けているそうです。
今年3月には初めて3000万円を超え、
5年間で約1000万円も上昇したそうです。

オリンピック招致が決まってから、
職人の人件費や材料費が上がっているそうです。

その要因で新築価格も上がっていて、
新築価格が上がれば中古価格も
押し上げられて上がるそうです。

売り出し中だという中古マンションの一室は、
築35年経っているにもかかわらず、
2LDKの屋には解放感があり、
内装はリノベーションされ新築同様だそうです。

オリンピックがありますからね。
需要が増えています。
住宅の購入はオリンピック後が
よいかもしれませんね。



posted by masa at 08:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする