2018年05月19日

しまむら

これまでジーユー(GU)などとともに、
国内の格安カジュアル衣料品市場を
先導してきた「しまむら」の成長に
突然ブレーキがかかっっているそうです。

9期(年)ぶりに売上高が前期を
下回ったそうです。

しまむらが4月に発表した2018年
2月期連結決算は、売上高が前年比0.1%減の
5651億円にとどまったほか、
本業のもうけを示す営業利益が12.1%減の
428億円、最終利益が9.6%減の
297億円とそれぞれ大幅減になったそうです。

一方、近年、格安カジュアル衣料チェーンにも、
生活の様々な場面で着用できる、
ユニクロのような「ベーシック」な
衣料品を求める消費者が増えてきたそうです。

この流れには、しまむらも反応したそうです。
ユニクロのような自社企画のプライベートブランド(PB)に
よるベーシックな商品に注力するようになったそうです。

そのぶん在庫も膨らんだようです。
拡大もあるようです。

でも、また上がりますよ。
そうやってきましたからね。
これからです。




posted by masa at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする