2018年05月29日

シェールガス

国連貿易開発会議(UNCTAD)の
最新報告書だそうです。

次世代資源として期待される天然ガスの一種
「シェールガス」の採掘可能な埋蔵量は
世界で214兆5000億立方メートルに達し、
世界の天然ガス消費量の61年分に
相当することがわかったそうです。

埋蔵量は中国が最も多く、アルゼンチン、
アルジェリア、米国、カナダがこれに
続いているそうです。

報告書は、2030年代半ばまでに、
高度な採掘技術で増産できる北米と
埋蔵量の多い中国のシェールガスが
世界の天然ガス需要の2割をまかなうように
なると予測しているそうです。
こうした主要生産国では将来、国内生産の
天然ガスの半分程度がシェールガスに
なるそうです。

でも中国のシェールガスは、アメリカと
違っているのでアメリカのやり方では
難しいようです。
中国が新しい技術を開発できるかどうかですね。

日本も早くハイドロメタンガスの
実用化をしないといけませんね。




posted by masa at 08:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする