2018年06月07日

シャープ

シャープです。

戴正呉社長は6日、買収を決めた
東芝のパソコン事業について、
「1、2年で黒字化して投資を回収したい」と
2年以内の黒字化に意欲を見せたそうです。

毎日新聞などの取材に答えたそうです。
当面は国内事業を中心に東芝のブランドで
ある「ダイナブック」を維持し、積極的な
構造改革で収益改善に取り組むそうです。

シャープは40億500万円で東芝の子会社
「東芝クライアントソリューション」の
株式の80.1%を今年10月に取得予定。

東芝のパソコン事業は2017年度に
96億円の営業赤字だったが、戴氏は
「シャープの管理とダイナブックの部隊を
融合すれば必ず黒字化できる」と自信を
見せているそうです。

経営者が変わると変わりますね。
もともと、日本人は中堅はしっかりしています。
できるでしょうね。

でも、ダイナブックは、いいパソコンですから
それが残るのはよいことです。

posted by masa at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする