2018年06月25日

ワールドカップの広告

日本がコロンビアに勝利して沸く
サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会です。

中国チームは本大会に出場できなかったが、
中国企業4社が世界で宣伝活動を展開できる
主要スポンサーとなったそうです。

W杯期間中に中国企業が投じる広告支出総額は
約900億円で世界1位とされ、習近平
(シー・ジンピン)最高指導部が旗を
振る海外進出にアクセルを踏むそうです。

グランド脇の漢字を使った広告で注目を
集めているのは乳業大手の蒙牛乳業と
不動産大手の大連万達集団(ワンダ・グループ)。

蒙牛は自社の乳製品名「冠益乳」も表示し、
「W杯を使うことで世界的なブランドで
あることを国内の消費者にアピールしている」
そうです。

日本も広告を出しますが。
あまり日本の広告を見ないですね。

日本の試合があれば見ますが。
中国の宣伝もありますね。


posted by masa at 09:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする