2018年08月30日

空飛ぶタクシー

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズが、
日本で「空飛ぶタクシー」の実証実験を検討しているそうです。

東京などで2020年代の実施を目指しているそうです。

実証実験には安全確保のための
ルール整備などが必要となるが、
今後官民での議論が活発化しそうです。

空飛ぶタクシーは、同社が開発を進める、
複数のプロペラで飛行する垂直離着陸型の
自動車が利用されるそうです。

高層ビルの屋上で乗客を乗せ、目的地まで
運ぶことなどを想定しているそうです。

実証実験は、これまでに米ロサンゼルスと
ダラスの2都市で行うことが決定しており、
東京で実現すれば世界で3都市目になるそうです。

一方、経済産業省と国土交通省、
民間団体などは29日、「空飛ぶクルマ」の
実現に向けた課題を整理する官民協議会の
初会合を都内で開いたそうです。

これからですね。
でも技術がどんどん進んでいます。
空を飛ぶ車を見たいですね。


posted by masa at 08:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする