2018年08月31日

立憲民主党

立憲民主党の勢いに陰りが
見えているそうです。

支持率は右肩下がりが常態化し、
打開の糸口はつかめていない。

昨年の衆院選で非自民票を幅広く
集めた同党だが、国会戦術の
先鋭化が支持離れを招いているようです。

立憲民主党は30日夜、準党員である
「パートナーズ」の集会を東京・後楽園ホールで
開いたそうです。

「格闘技の聖地」にちなみ、配布ビラには
「草の根民主主義のゴングを鳴らせ」の
文字が躍る。
アイドルグループ・乃木坂46の代表曲
「インフルエンサー」が流れる中、リングに
上がった枝野幸男代表は、約1200人の
参加者を前に訴えたそうです。

高揚感に満ちた集会の雰囲気とは裏腹に、
党は結党以来の窮状に直面しているそうです。

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が
25、26両日に行った合同世論調査で、
支持率は過去最低の10・7%に落ち込んだそうです。

安倍晋三内閣の不支持率は44・4%と
低くはない。
その政権批判層を立憲民主党が十分に
引きつけていないそうです。

反対ばっかりですからね。
政策を議論する必要があります。
以前の民主党と同じです。
政策を出す必要があります。




posted by masa at 08:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする