2018年10月11日

NY株急落

10日のニューヨーク株式市場です。

ダウ工業株30種平均は急落し、
前日比831・83ドル安の
2万5598・74ドルで取引を
終えました。

1日の下げ幅としては2月8日(1032ドル安)
以来、約8カ月ぶりの大きさで、過去3番目。
米国の金利上昇への懸念が強まったそうです。

10日に発表された9月の米卸売物価指数が
上昇したことでインフレ加速への警戒感から
米長期金利が上昇傾向となり、米企業業績が
圧迫されるとの観測から売り注文が加速したそうです。

長期化する米中貿易摩擦の悪影響も
引き続き懸念されたそうです。

投資家の不安心理の大きさを示す
「恐怖指数(VIX)」は、不安が強まっている
節目とされる20を上回ったそうです。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は
315・97ポイント安の7422・05と
大幅反落しました。

いろいろな不安要因がありますね。
日本も影響を受けるでしょうね。

posted by masa at 07:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする