2018年10月19日

自動車税

来年度税制改正に向け、
経済産業省がまとめた
自動車税の引き下げ要望が
18日、明らかになったそうです。

基準を軽自動車税の負担水準と
同等の排気量1cc当たり16円に設定。

排気量が1500cc超2000cc以下の
自動車税は、年間3万2000円で、
現行より7500円減額される。

要望は、年末に行われる与党の
税制調査会での議論のたたき台となるそうです。

ただ、代替財源の確保が課題と
なっており、実現するかは不透明だそうです。

経産省は、国内の雇用を支える自動車産業を
守るため、自動車保有に関する税負担の
軽減を求めているそうです。
来年10月の消費税率10%への引き上げを
表明した安倍晋三首相も「来年10月1日以降に
購入する自動車の保有にかかる税負担の
軽減について検討を行う」との方針を
示しているそうです。

税金が高すぎますね。
もっと安くすべきです。
そして、使い道を再検討すべきですね。


 
posted by masa at 10:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする