2018年11月29日

あんこ不足

お歳暮用に年賀用。年末年始に
かけてこれから最も需要が高まる「あんこ」が
今、ピンチだそうです。

材料の小豆が大幅に値上がりし、
業者が悲鳴を上げているそうです。

定番から季節に合わせた変わり種まで
約10種類のきんつばを取りそろえる都内のお店。

年末年始にかけてが1年で最も売れる時期だという。
しかし、需要期を前に悩ましいのが材料である
北海道産の小豆の高騰だ。
国産小豆は北海道産が約9割を占める。
しかし、この夏、雨が多かった影響などで
収穫量が例年より2割ほど減る見込みだそうです。

東京での最新の取引価格は60キロあたり4万円。
去年の同じ時期より、約4割値上がりしているそうです。
この高騰の原因は、今年の不作だけではなかった。
おととしの2016年も北海道の産地は台風の被害などで収穫量が
大きく落ち込んだ。そのため、前の年に収穫された在庫も
ないのだそうです。

最近、北海道に台風などが上陸しています。
自然災害がおおいですね。



posted by masa at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あんこ不足

お歳暮用に年賀用。年末年始に
かけてこれから最も需要が高まる「あんこ」が
今、ピンチだそうです。

材料の小豆が大幅に値上がりし、
業者が悲鳴を上げているそうです。

定番から季節に合わせた変わり種まで
約10種類のきんつばを取りそろえる都内のお店。

年末年始にかけてが1年で最も売れる時期だという。
しかし、需要期を前に悩ましいのが材料である
北海道産の小豆の高騰だ。
国産小豆は北海道産が約9割を占める。
しかし、この夏、雨が多かった影響などで
収穫量が例年より2割ほど減る見込みだそうです。

東京での最新の取引価格は60キロあたり4万円。
去年の同じ時期より、約4割値上がりしているそうです。
この高騰の原因は、今年の不作だけではなかった。
おととしの2016年も北海道の産地は台風の被害などで収穫量が
大きく落ち込んだ。そのため、前の年に収穫された在庫も
ないのだそうです。

最近、北海道に台風などが上陸しています。
自然災害がおおいですね。



posted by masa at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする