2018年12月21日

原油価格

20日のニューヨーク原油先物相場です。

大幅に反落し、指標の米国産標準油種(WTI)の
2月渡しが前日比2・29ドル安の
1バレル=45・88ドルになったそうです。

2017年7月以来、1年5カ月ぶりの
安値で取引を終えたそうです。

米株安が投資家心理を冷やし、売り注文が
膨らんだ。

世界経済の減速に伴うエネルギー需要の
減少や、米国などの原油増産に
対する警戒感も強まり、相場を
圧迫したそうです。

アメリカのシェールオイルの影響が
大きいかもしれません。

原油価格の下落で株価も
下がっています。

来年はどうなるのでしょうか。

posted by masa at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする