2019年01月31日

FRB

米連邦準備制度理事会(FRB)です。

30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、
昨年末時点で2019年中に2回を
見込んでいた利上げについて、19年内には
実施しない可能性を示唆したそうです。

国債などの保有資産を減らし市場に
流すお金の量を減らす政策も見直しを表明。
15年末から続く利上げ局面の転換点になるそうです。

FRBのパウエル議長は30日の記者会見で、
中国や欧州の経済が減速していることや
「進行中の通商交渉を巡る不確実性」などを
挙げて「利上げを進める論拠がいくらか弱まった」と指摘。

「ここ数カ月の累積的な動きを踏まえ、
今後の金融政策の変化については、
辛抱強く成り行きを見守ることが
妥当だと決めた」と述べたそうです。

利上げは伸びそうですね。
今年は、どうなるかわかりませんね。

利上げも先の方がよいかもしれません。


posted by masa at 10:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

アップル

米アップルが29日、2018年10〜12月期決算を
発表したそうです。

売上高が前年同期比5%減の843億1千万ドル
(約9兆2千億円)となり2年3カ月ぶりの
減収だったそうです。

中国の景気が減速し、主力製品の
スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の
販売が振るわなかったそうです。

純利益は0.5%減の199億6500万ドルと
2年ぶりの減益だそうです。

19年1〜3月期も減収を予測しており、
部品を供給する日本メーカーへの
影響も懸念されるそうです。

製品別の売上高は、アイフォーンが15%減の
519億8200万ドルにとどまったそうです。

中国の景気が落ちはじめましたね。
中国は対策を打っているようでwすが。
これからどうなるのでしょうかね。

posted by masa at 08:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

ファーウェイ

米司法省は28日、米通信大手TモバイルUSの
企業秘密を盗んだ罪などで中国の
通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に
対する訴追を発表したそうです。

カナダで一時拘束された
ファーウェイの孟晩舟副会長兼
最高財務責任者(CFO)の訴追も
発表したそうです。

ウィテカー司法長官代行やレイ連邦捜査局
(FBI)長官らが合同記者会見で明らかにした。

米国の要請でカナダ当局が孟副会長を
一時拘束した問題で米中が対立する中、
米側が同社や副会長の訴追に
踏み切ったことで、中国の反発は必至だそうです。

中国はどうするでしょうかね。
アメリカは、本気ですね。

昔の日本とアメリカも大変でしたが、
今回は、それ以上ですね。
そして、中国がアメリカと対立していることです。

どうするでしょうか。
注目です。


posted by masa at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

中国経済

米中貿易摩擦をきっかけに
中国経済の減速が鮮明になっているそうです。

国内総生産(GDP)の伸び率は
28年ぶりの低水準で、新車販売台数も
振るわない。

日本企業の産業機械や電子部品などの
受注動向にも影響が顕在化しており、
各社は警戒感を強めているそうです。

「資本財を中心に受注が減少し、
輸出にも影響する可能性がある」。
日銀の黒田東彦総裁は23日の会見で、
中国経済の行方についてこう懸念を述べたそうです。

実際、各種統計を見ても、中国経済が
減速する懸念は高まっているそうです。

21日に中国国家統計局が公表した2018年の
実質GDP(物価の変動を除く)は前年比6・6%増
であり、17年から0・2ポイント減少した。

後退するのは2年ぶりとなり、天安門事件の
影響で経済が悪化した90年以来、
28年ぶりの低水準だそうです。

実際はもっと落ちているでしょうね。
本当の数字が見たいですね。


posted by masa at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

LINEが生保参入

無料通信アプリ大手のLINE(ライン)です。

生命保険事業への参入を検討しているそうです。

決済を皮切りに銀行、証券と、金融へ次々と
手を広げており、LINEアプリ内で
個人に必要な金融サービスを一括で
提供する体制を整えるそうです。

金融で得られた膨大な取引データを
活用した新ビジネスも探るそうです。

出沢剛(いでざわ・たけし)社長が
産経新聞の取材に応じ明らかにした。
保険をめぐっては損害保険ジャパン日本興亜と
提携し、LINEアプリ内で即座に数百円単位で
加入できる短期型の損害保険を開始したが
「損保の種類も増やし、タイミングをみて
生保も出す」と述べたそうです。

KINEがいろいろなビジネスを立ち上げて
います。
垣根がなくなっています。

これから注目かもしれませんね。

posted by masa at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

野党

自由党の小沢一郎代表が久々に
野党政局を翻弄(ほんろう)しているそうです。

国民民主党内は、自由党との合併に絡む
「反小沢」「親小沢」の両論が交錯し、
旧民主党時代を思い起こさせる混迷の様相だそうです。

小沢氏が約50人の議員を率いて
旧民主党を飛び出してから約6年半。
再び到来した「小沢政局」に、
当時を知る議員らは戦々恐々としているそうです。

「小沢氏は選挙のことしか考えていない。
われわれの政策をしっかり理解いただく必要がある」

国民民主党が24日に開いた党会合では、
小沢氏との「再合流」への不安の声が
相次いだそうです。

平野博文幹事長は「私が官房長官時代、
小沢氏は幹事長だった。性格はよく知っている」と
引き取り、自由党との統一会派結成は
拍手で承認されたそうです。

また昔に戻っています。
野党は2つは必要ないですね。


posted by masa at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

訪日観光

米国との貿易摩擦で経済成長の
減速感が強まってきた中国。

米国に次ぐ経済大国だけに、その波紋は
大きく、2018年に訪日外国人が初の
3000万人を突破し、拡大する日本の
観光ビジネスにも影を落としかねないそうです。

訪日客の消費は地方の貴重な財源と
なっているため、中国がくしゃみを
すると風邪をひくリスクの高い自治体も。

10月の消費税増税も控え、地域経済の
先行きは警戒が怠れないそうです。

JTBの調査によると、今年の訪日外国人
旅行者数は18年見通しに比べて12・3%増の
年間3550万人と、引き続き拡大が
見込まれるそうです。

欧米や東南アジアからの旅行者増が
期待できるほか、ラグビーワールド
カップ日本大会の開催が追い風になるとの予測だそうです。

中国経済が悪くなっていますからね。
対策は考えておいた方がよいですね。

posted by masa at 08:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

鶏卵価格

鶏卵価格が年明けから
15年ぶりの安値となり、
養鶏業者の経営を圧迫しているそうです。

供給過多で需要が追い付いていないそうです。
飼料高も重なり、生産者からは価格低迷は
いつまで続くのかとの悲痛な声が上がる。

国と生産者で拠出する経営安定事業は、
資金が枯渇する恐れがあり、
生産者の不安は増すばかりだそうです。

全国有数の鶏卵生産量を誇る茨城県。

同県養鶏協会は1月中旬、新年の会合を開いた。
話題は低迷する相場に集中した。
出席者からは「価格下落の打撃は大きく、
経営は赤字だ」と危機感を訴える声が続出した。
毎年、新年の会合では商売繁盛の祈願祭を行う。
今年は思いが強い。
「価格がどうか上向きますように」。
深々と頭を下げた。状況改善の糸口は見えないそうです。

価格は需要と供給ですからね。
供給が多ければ下がります。
もっと違う対策が必要だと思いますが。


posted by masa at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

中国の自動車市場

中国の自動車市場に変調が
生じているそうです。

2018年の新車販売台数は
28年ぶりの前年割れに陥り、
中国自動車メーカーからは「厳しい冬に
入った」と悲鳴が上がっているそうです。

米中対立への懸念などから足元でも
悪化傾向が続いており、中国政府は
景気刺激策に打って出る構えを示す。

ただ、安易な景気対策は問題の
先送りにつながるとの指摘もあり、
習近平指導部は経済の安定に向けて
難しいハンドルさばきが求められているそうです。

中国自動車工業協会が発表した
18年の新車販売台数は、前年比2・8%減の
2808万600台。

前年割れに陥るのは、経済にも混乱を
もたらした天安門事件(1989年)の
翌年にあたる90年以来だという。

販売台数は米国を上回り10年連続で
世界トップとなったものの、
3千万台の大台を目前にして
かつてのような勢いは失われているそうです。

他の指標も落ち始めましたね。
中国はどうするのでしょうかね。
初めてのケースです。

posted by masa at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

ルノー

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が、
逮捕・起訴後も職にとどまる仏自動車大手
ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を
解任されるそうです。

昨年に会長職を解いた日産、三菱自動車との
足並みがようやくそろう形で、前会長の
処遇を巡り冷え込んだ3社連合の
関係改善につながるか注目されるそうです。

「ゴーン氏が長期にわたって職務から
離れなければならないなら、新たな段階に
移る必要がある。今がその時だ」。
フランスのルメール経済・財務相は16日の
仏テレビでこう述べ、ルノー筆頭株主の
仏政府としてゴーン前会長の解任を求めたそうです。

仏紙は20日にも後任を決める取締役会が
開かれ、新体制が発表される可能性を
報じているそうです。

日産と三菱自が昨年11月の逮捕直後に
ゴーン前会長を解任したのに対し、
ルノーはこれまで「不正を認定するだけの
十分な証拠がない」として、3度にわたって
解任を保留してきたそうです。

日産はルノーに前会長の不正を示す内部調査の
内容を説明しようとしてきたが、ルノーは
直接聞き入れることを拒絶し、両社の溝は
深まっていたそうです。

事実ですからね。
日産と三菱はルノーとの関係を
見直すべきですね。
その時期です。


posted by masa at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

サントリー食品も値上げ

サントリー食品インターナショナルです。

16日、日本国内における大型サイズの
飲料を5月1日出荷分から価格改定すると
発表したそうです。

値上げ幅は一律20円。
同社の値上げは98年3月以来、
21年ぶりになるそうです。

原材料価格の高騰や物流コストの
上昇を要因としている。
飲料製品の値上げの発表は、今月8日に
27年ぶりの価格改定を発表した
コカ・コーラ ボトラーズジャパンに
続くものだそうです。

対象商品は、1.2L以上のペット容器商品全品
(ただし、トクホ・機能性表示商品・業務用専用商品
およびダブルブランド等の流通取組商品を除く)。
「サントリー 南アルプスの天然水」(2リットル
ペットボトル)は、230円が250円となるそうです。

これから他の企業も値上げが出てくるでしょうね。
消費税もあがりますから厳しいですね。


posted by masa at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

横綱・稀勢の里

横綱・稀勢の里(32=田子ノ浦部屋)が16日、
ついに現役引退を決断したそうです。

師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)が
明らかにした。

進退を懸けて初場所に臨んでいた
稀勢の里だが、初日から3連敗。

昨年秋場所千秋楽から不戦敗を除いて
8連敗となり、1場所15日制が
定着した1949年夏場所以降の
横綱では貴乃花を抜いてワースト
記録を更新したこともあり、
その去就に注目が集まっていたそうです。

前夜は東京都江戸川区の田子ノ浦部屋へ
姿を見せ、約1時間半の滞在後に
部屋を後にした。

師匠の田子ノ浦親方と何らかの
話し合いをもったもようだが、
進退の決断や4日目の出場について
態度を明かさず、関係者によると
結論を持ち越していたそうです。

足腰の力が落ちていますね。
難しいですね。
頑張りました。
ご苦労さんと言いたいですね。



posted by masa at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

中国新車販売

世界最大の自動車市場、中国で
2018年の新車販売が28年ぶりに
マイナスになったそうです。

中国内の経済が減速する中、米中の
貿易戦争などで消費マインドが
冷え込んだためだそうです。

中国市場を重視してきた世界の
車メーカーは戦略の転換を迫られる
可能性もあるそうです。

中国市場の苦戦は元々、予想されていたそうです。
リーマン・ショック直後の09年から
断続的に実施されてきた小型車減税が
17年末で終了し、18年は減税終了前の
駆け込み需要に伴う反動減が見込まれて
いたためだそうです。

しかし、「市場の落ち込みは想定以上」
(外資系自動車メーカーの中国法人首脳)。
国内経済の減速で個人消費の鈍化が鮮明に
なっている。

米中貿易戦争に伴う先行き不安で
高額商品の買い控えも広がり、
販売不振に拍車をかけたそうです。

厳しくなってきましたね。
中国の前年割れは大変かもしれません。

posted by masa at 09:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

沖縄県民投票

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
名護市辺野古への県内移設の賛否を
問う県民投票(2月24日投開票)は
14日で告示まであと1カ月になったそうです。

県は全41市町村での実施を予定しているが、
宜野湾など4市が実施を拒否。
対応を検討中のうるま市を含め、
県内の有権者の3割が投票できない
異常事態に直面しているそうです。

県は説得を続けるが、4市長が
翻意する可能性は低く、全県下での
完全実施は極めて困難な状況だそうです。

「今回の県民投票は県民によって発案され、
地方自治法の規定に基づき条例の制定が
県に請求されたものです」。玉城(たまき)
デニー知事は11日、県庁で記者団を前に
コメントを読み上げた。玉城知事は5市が
不参加でも予定通りに県民投票を実施する
考えを示したが、その表情は最後まで硬かったそうです。

学生や弁護士らでつくる「『辺野古』県民投票の会」が
県民投票実施を求める署名活動を始めたのは昨年5月。

若い世代が中心となって2カ月間で
法定要件を超える約9万人分の署名を集め、
昨年10月に県議会で県民投票条例が
成立したそうです。

条例は地方自治法の規定に基づき、投開票などの
事務を「市町村が処理する」とした。
必要経費は県が全額負担して市町村に
交付するが、市町村でも予算計上する必要がある。

しかし、宮古島、宜野湾、沖縄、石垣、
うるまの5市では議会が投票実施に反対して
予算計上を認めず、うるまを除く4市の市長は
相次いで「市議会の意思を尊重し、事務を
実施しない」と表明したそうです。

5市の有権者数(昨12月1日現在)は
約36万7000人で、県全体(約116万人)の
約32%に当たるそうです。

32%ですか。
やる意味があるのでしょうかね。
残りの県民が投票しても、どうなのでしょうかね。

posted by masa at 09:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

孤独死

朝日新聞社が「人口減社会」を
テーマに実施した郵送による世論調査をしたそうです。

自分の孤独死を心配する人が
半数に達したそうです。
2010年調査の37%から大きく増えたそうです。

孤独死することが「心配」と答えたのは、
「大いに」13%、「ある程度」37%を
合わせて50%。
現在一人暮らしの人に限ると、
67%が「心配」と答えたそうです。

老後に家族が「頼りになる」は48%で、
「あまり頼りにならない」の44%と割れた。

60代は「あまり頼りにならない」が
51%と多かったのに対し、70歳以上は
54%が「頼りになる」と答えたそうです。

高齢者が増えていますからね。
増えると思います。
結婚していない人もいます。

孤独死も社会問題になりますね。
posted by masa at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

証券取引等監視委員会

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が
巨額の役員報酬を隠したとされる事件で、
証券取引等監視委員会は10日、2017年度までの
直近3年間で42億円超の報酬を少なく
見せ掛け、有価証券報告書に虚偽記載したとして、
金融商品取引法違反容疑で、ゴーン容疑者らを
東京地検特捜部に告発したそうです。

特捜部は近く起訴するそうです。

ほかに告発されたのは、側近の前代表取締役
グレッグ・ケリー被告(62)=同法違反罪で起訴、保釈=と、
法人としての日産。特捜部はケリー被告を
在宅起訴し、日産も起訴する見通しだそうです。

ゴーン容疑者は14年度までの5年分48億円超を
報告書に記載しなかったとして起訴されており、
報酬隠しの起訴総額は10〜17年度の
8年間で91億円を超えるそうです。

日産にまで影響が広がりそうです。
どこまでいいくのでしょうか。
注目ですね。

posted by masa at 09:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

いきなりステーキ

ステーキチェーン「いきなり!ステーキ」を
運営するペッパーフードサービスです。

9日、ベースアップ(ベア)と定期昇給などを
合わせ、正社員に対し、2019年に6.18%の
賃上げを実施すると発表したそうです。
賃上げは2年連続となるそうです。

店長などに登用される正社員約700人が
対象で、平均で月額約2万円のアップとなるそうです。

人手不足の中、人員確保につなげる狙いがあると
みられ、ペッパーフードサービスの担当者は
「働きたくなる外食企業を目指したい」と
話しているそうです。
18年も6.4%の賃上げを実施していたそうです。

人出不足ですからね。
新しい人が集まりません。
せめて、今の人の退職を減らす対策が
必要ですね。


posted by masa at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

ゴーン容疑者

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者です。

8日に東京地裁で行った主張について、
日産側は発言内容に目立った新事実は
なかったと受け止めているそうです。

ゴーン容疑者は意見陳述で「人生の20年を
日産の復活にささげてきた」と、これまでの
貢献を強調したが、日産関係者は「われわれの
立場はこれまでと変わらない」と強調。

ゴーン容疑者とはすでに決別したとの
立場をとっているそうです。

8日午前、ゴーン容疑者の意見陳述の
成り行きを見守る日産社内は緊張感で
張り詰めた。

しかし発言内容が伝わると、「報道などで
今までに出ていたこととあまり変わらず、
サプライズはなかった」(関係者)との声も。

仏紙に掲載されたインタビューでゴーン容疑者の
息子が「父の反論に誰もが驚くだろう」と
述べており、日産側も身構えていたからだそうです。

検察が証拠を押さえていますからね。
ゴーン容疑者は厳しいでしょうね。

奢れるもの久しからずです。

posted by masa at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

次期国産戦闘機F−3

航空自衛隊の「次の主役」を担う新鋭戦闘機F−3の
姿が見えてきたそうです。

米国や英国との共同開発案もささやかれる中、
日本主導で開発できるだけの技術力があるのか
疑問を呈する声もあるそうです。

しかし最も重要な大出力エンジンと高性能レーダー、
そしてステルス技術の核心でもある
ウエポン・ベイなどがすでに完成の域に
達しているそうです。

だが、F−3誕生にはまだ難題が残されているそうです。

すでに完成の域に達しているのがエンジンだ。
防衛装備庁ではIHI(旧石川島播磨重工業)
とともに平成22年から戦闘機用の次世代エンジンの
研究を行ってきたが、ハードルは高かったそうです。

レーダーに映らないステルス性能を戦闘機に
盛り込む場合、エンジンのスリム化は欠かせないそうです。

研究開始から8年後の30年にプロトタイプ「XF9」が
完成した。
かつて試作した推力5トン級のエンジン「XF5」を
基礎に、推力を15トン級(いずれも最大出力=
アフターバーナー使用時)に上げたそうです。

エンジンが重要ですね。
開発に成功しているなら国産を作ってほしいですね。

posted by masa at 08:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

JR山手線

JR東日本です。

山手線での自動運転の実証実験を
報道陣に公開したそうです。

JR東日本は現在、山手線で
自動運転の実証実験を行っていて、
終電後の7日未明にその様子を
報道陣に公開したそうです。

今回の実験では、最新車両の「E235系」に
自動運転のプログラムを搭載して山手線を
2周走行させ、自動運転による加速や
減速など車両を制御する機能や乗り心地を
確認したそうです。

JR東日本では実際に使われている路線での
自動運転の実験は初めてだということで、
実験結果をもとに実用化への
課題を探るということです。

すごいですね。
電車でも自動運転ですか。
どんどん技術が進化します。
時代の流れですね。

posted by masa at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする