2019年02月22日

IT企業のデータ

公正取引委員会の杉本和行委員長は
21日の記者会見で、巨大IT企業が
不当に個人データを収集した場合に
「独占禁止法の優越的地位の乱用は
適用できるのではないか」との
考えを示したそうです。

公取委は今後、データを提供している
消費者への調査などを通じてデータ収集の
実態を把握し、適用に向けた検討を進めるそうです。

優越的地位の乱用は、「不公正な取引方法」
の一つとして独占禁止法が禁じているもので、
取引上の優位な立場を利用し、相手方に
不当に不利益を与える行為を指すそうです。

これまで主に企業の取引に適用されていたが、
杉本氏は、「今までは企業と個人の(取引)
関係を独禁法でストレートに認定することは
やってこなかったが、デジタル化で世の中が
大きく変化し、(個人)情報が大きな価値を
もつようになっている」と述べたそうです。

アップルやグーグル、フェイスブックなどが
データを収集していますね。
個人情報ですからね。
ある程度、規制は必要かもしれません。
posted by masa at 09:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする