2019年03月30日

パチンコ業界

パチンコ業界はよく「20兆円産業」だとか
「30兆円産業」というように言われる。実際、
パチンコ業界の2016年の売り上げ規模は
21兆6260億円だそうです。

それでも最盛期の2005年の34兆8620億円に
比べれば大幅に落ち込んでおり、直近では
規制強化の影響で18兆円規模まで売り上げが
縮小したとも言われているそうです。

要因はいくつか挙げられるが、
パチンコはギャンブル性の高さが
問題視されることが多く、それを牽制する
ための行政からのさまざまな規制が
市場縮小につながったそうです。

パチンコ業界はその都度、規制の目をかいくぐり、
そしてパチンコ業界の監督官庁である
警察庁は行政講話などで「これ以上ギャンブル性の
高い機種に頼るのはやめて、ギャンブル依存症問題に
向き合え」というメッセージを重ねて出してきたそうです。

しかしながら、パチンコメーカーは警察の
このたびたびの警告に聞く耳を持たず、
むしろ「MAX機」と呼ばれる規制上
許される限界までギャンブル性を
高めた機種の販売を強化するようになったそうです。

換金をやめさせたら良いと思いますよ。
そうすればギャンブルではなくなります。
ゲームですね。
パチンコは必要がないと思います。


posted by masa at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

米中の高官級通商協議

米中当局者は今週、通商問題を巡る
高官級協議を再開するそうです。

両国は合意に近づいているが、仮に
合意に至っても経済関係の正常化までは
長い道のりとなる可能性があるそうです。

トランプ米大統領の通商交渉責任者、
通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と
ムニューシン財務長官は28、29両日に北京を
訪れる予定。
一方、中国の劉鶴副首相は4月3日に
ワシントンを訪問するそうです。

ライトハイザー代表は今週のナショナル・
パブリック・ラジオとのインタビューで、
自分は合意を望むが、実際にそうなると
必ずしも思っていないと発言。

「非常に良い取引なら応じるが、そうでなければ
われわれは別の計画を探すつもりだ」と
述べたそうです。

米交渉担当者らは中国が公約を撤回しつつ
あるとの懸念を表明。一方、中国の当局者らは
米国の提案は「一方的」だとして抵抗する姿勢を
示しているそうです。

合意を締めくくる米中首脳会談は少なくとも
1カ月先延ばしされ、早くても4月下旬の
見込みだそうです。

どうなるのでしょうか。
厳しいでしょうね。

中国は経済が減速しています。
早急に解決した方がよいと思いますが。





posted by masa at 10:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

Apple Card

日本時間3月26日の「It's Showtime」
イベントにてApple Cardが発表されたそうです。

Apple CardはApple Pay専用のクレジットカード。
iPhone上の操作で数分で発行でき、
Apple Payでの支払いで利用できるそうです。
当初は米国向けに、今夏登場するそうです。

アプリなどを購入したり、世界中のApple Pay
加盟店で買い物できたりするなど、使い方は
通常のApple Payと同じ。利用履歴は機械学習技術と
Apple Mapsのデータを活用することで、
「セブン-イレブン○○店」のような分かりやすい形で
表示され、店のカテゴリーごとに整理され、
支出の傾向を可視化するそうです。
サポートはiMessageを活用し、住所変更などの
手続きも簡単に行えるそうです。

クレジットカードは、すでに、持っていますからね。
これから、Appleのカードをもつ意味が
あるでしょうか。

これからはキャッシュレス決済でいろいろな企業が
参入しています。

どうなるでしょうかね。

posted by masa at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

日経平均

25日午前の東京株式市場です。

日経平均株価が大幅に値下がりしており、
前週末に比べて一時600円を超えて下落しました。

前週末には、米債券市場で10年物国債の
利回りが3カ月物を下回り、長短金利が
逆転する「逆イールド」と呼ばれる現象が
起こったそうです。

公表された経済指標などから米景気の
悪化懸念が強まったためで、東京市場でも
警戒感が強まっているそうです。

東京外国為替市場でも1ドル=109円台
まで円高が進んいるそうです。

アメリカ株が、400ドル以上下落しました。

アメリカ経済が減速しているようです。

中国も悪くなっていますからね。
日本も影響を受けるでしょうね。


posted by masa at 10:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

印鑑廃止

日本はこれまで行政のIT化には
あまり積極的ではなかったが、政府も
ようやく重い腰を上げ、業績手続きの
オンライン化に向けた取り組みをスタートしているそうです。

2018年7月には「デジタル・ガバメント
実行計画」を策定し、今国会にはデジタル
手続き法案が提出される予定となっていたそうです。

ところがこの法案に待ったがかかったそうです。

同法案には法人設立に際して印鑑の義務化を
無くすプランが盛り込まれていたが、
印鑑の製造業者などがこの内容に反発。
結局、自民党の部会はこの条項を削除する形で
法案を了承し、押印の是非については
今後の議論に委ねられることになったそうです。

印鑑の製造業者などで構成する全日本印章業協会など
複数の団体は、デジタル・ガバメント実行計画の
策定と前後する形で政府に対して要望書を
提出しているそうです。
協会では、実行計画に盛り込まれた以下の
3項目について反対を表明している。

1つ目は行政続きにおける「本人確認押印の見直し」、
2つ目は法人設立における「印鑑届出義務の廃止」、
3つ目は「一般的な取引におけるデジタル化の推進」である。
つまり、本人確認には引き続き印鑑のみを用いるべきであり、
一般的な取引をデジタル化することには反対するという主張だそうです。

どんどんデジタル化されています。
印鑑の意味があるかですね。
いらないと思いますが。

請求などの支払いもなくした方が銀行の作業が
減少します。



posted by masa at 09:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

北朝鮮貿易

米財務省は21日、国連安全保障理事会決議などに
違反し、北朝鮮による制裁逃れを支援したとして、
中国の海運会社2社を米国の独自制裁対象に
追加すると発表したそうです。

追加制裁は事実上決裂した2月末の
米朝首脳再会談後初めてだそうです。

北朝鮮の非核化実現に向け、圧力を維持する
姿勢を示した。

北朝鮮への石油精製品輸送や石炭の
輸出に関与したとされるロシアなど
他国船籍を含めた計67隻も公表したそうです。

財務省によると、海運会社の1社は2018年に
中国大連から、既に米国が制裁対象にしている
北朝鮮西部の港湾都市・南浦の石炭会社
「ペクソル・トレーディング・コーポレーション」に
貨物を輸送。

もう1社は欧州を拠点に活動する北朝鮮の
調達担当者に北朝鮮政府のために物品を
購入できるよう手助けしたそうです。

2社は米国内の資産が凍結され、米国人との
取引が禁じられるそうです。

アメリカは、経済制裁を続けています。
世界も続けるべきですね。


posted by masa at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

タクシー運賃

国土交通省は、4月をめどにタクシー運賃の
ルールを見直し、乗車前に運賃を確定させる
新たなサービスを全国で解禁するそうです。

新たなサービスは、スマートフォンの
配車アプリを利用して、乗車地と目的地を
入力すると、乗車前に運賃が表示され、
確定できるそうです。

4月をめどに、ルールが見直され、
年内にもサービスが始まるそうです。

渋滞の場合は運賃が高くなるなど、
車を降りるまで運賃がわからないことに
対する不安を解消するのが狙いだそうです。

2017年に実証実験を行った際は、
参加者のおよそ7割が、「また利用したい」と
回答していたそうです。

相乗りサービスも始まりますね。

便利になるのはよいかも
しれません。

posted by masa at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

ファミペイ

コンビニエンスストア大手の
ファミリーマートです。

19日、7月に導入するスマートフォン
(スマホ)決済サービス「ファミペイ」
について、複数の企業のポイント制度を
選択して使えるようにする方針を
発表したそうです。

ファミペイは、買い物客が専用アプリを
スマホにダウンロードし、画面上に表示した
バーコードを店員が機器で読み取ることで
支払いを終えるそうです。

レシートやクーポンも画面上で発行する。

ポイントは、現在連携している「Tポイント」を
引き続き利用できるほか、11月以降には、
他の企業のポイント制度も利用可能にする。
買い物客は、支払時に、ポイントを選択できる
ようになる。

ファミマではすでにNTTドコモの「d払い」、
楽天の「楽天ペイ」など6種類のスマホ決済を
利用でき、こうした連携企業のポイントを
利用可能にする方法などを検討しているそうです。

いろいろな決済が出ていますが、一つのアプリで
出来ればよいですね。
多すぎますね。



posted by masa at 10:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

ユニクロ・しまむら

「ユニクロ」や「しまむら」といったカジュアル
衣料専門店の先行きに黄信号が点灯し
始めているそうです。

2社ともに、デフレが生んだ衣料品販売の
優等生として成長、カジュアル衣料専門店の
1〜2位になっている。

しかし、最近、国内ユニクロは成長を
牽引してきた価格が「安くない」といわれ、
商品も「代わり映えしない」という
指摘も出ているそうです。
しまむらも過度な商品の絞り込みと、
高価格への誘導が裏目に出ているそうです。

しまむらの凋落(ちょうらく)が甚だしいそうです。
3月11日には2019年2月期の連結業績予想を下方修正した。

売上高の従来予想は5700億円だったが、
修正では約240億円下回った5460億円、
本業のもうけを示す営業利益は前期比40%減の
245億円と期初予想を140億円下回ったそうです。
既存店の売上高も落ち込みが激しく、前期比約7%減だった。

会社発表の業績修正の理由は一言でいうと、
「暖冬で冬物が売れず、売り場改革も不発に
終わった」というものだそうです。

ユニクロも厳しいようです。
でもユニクロにはGUがありますからね。

栄枯盛衰ですね。
競争が激しい業界ですからね。



posted by masa at 10:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

日産

日産自動車は、前会長カルロス・ゴーン被告の
後任の会長を置かず、当面空席とする方針を
固めたそうです。

会長ポストの廃止も検討するそうです。

日産は同社のガバナンス(企業統治)の
立て直しについて外部有識者らが話し合う
「ガバナンス改善特別委員会」の提言を尊重し、
取締役会議長を社外取締役に担わせる方針だそうです。
これなら会長が空席でも経営への影響は
少ないと判断した。

特別委は17日の会合で、会長が兼務していた
取締役会議長を社外取締役が担うよう日産の
取締役会に提言することで合意したそうです。

ゴーン前会長が取締役会議長を兼ねたことで
経営トップの不正を防ぐ取締役会の監視機能が
弱まったと分析。
権力の集中を防ぐ仕組みを求めるそうです。
会長職の廃止も議論しており、27日に公表する提言に
盛り込む可能性もある。
日産は6月の株主総会に、会長が取締役会議長を
兼ねる定款を変更する議案を出す方針だそうです。

今回のような不正が起こってしまったのは
駄目ですね。
組織のチェック機能が働いていません。
会長は、無い方がよいかもしれません。



posted by masa at 09:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

コンビニの店主

コンビニのフランチャイズ(FC)店主らの
労働組合がコンビニ大手2社に団体交渉に
応じるよう求めていた二つの労働紛争です。

中央労働委員会は15日、店主は労働者とは
いえないとして団体交渉権を認めないとの
判断を示したそうです。

地方労働委の判断を覆すもので、
中労委がコンビニ店主の労使上の
位置づけについて判断を示すのは
初めてだそうです。

FC店主と本部の団体交渉をめぐっては、
セブン―イレブンなどの店主らでつくる
「コンビニ加盟店ユニオン」が今月6日、
24時間営業の見直しを求めてセブン本部の
セブン―イレブン・ジャパンに団体交渉を
求めたが、本部側は拒んでいるそうです。
中労委の判断はこの問題にも影響しそうだ。

中労委が判断を示したのは、セブン本部と
ファミリーマートを相手取り、FC店主らが
団体交渉を求めた二つの労働紛争だそうです。

フランチャイズは、雇用とは違いますね。
経営者ですからね。
経営者が、コンビニと契約しています。
もし、いやなら、フランチャイズを脱退すれば
よいですからね。



posted by masa at 09:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

AKB48選抜総選挙

アイドルグループ「AKB48」です。

13日、ファンの投票でシングル曲を
歌う選抜メンバーを決める毎年恒例の
イベント「AKB48選抜総選挙」について、
今年は開催しないことを公式ブログで発表したそうです。

ブログによると「昨年開催10回を数え
大きな区切りを迎えたAKB48グループの
毎年の恒例行事である『AKB48選抜総選挙』を、
本年は実施しないことに致しました」という。

その上で「AKB48グループは、
ファンの皆様が心から応援したいと思って
頂けるようなグループになれるよう、
引き続き日々精進して参りたいと
思っております」とするコメントを掲載したそうです。

選抜総選挙は平成21年に初めて開催され、
年々規模を拡大。昨年はナゴヤドーム
(名古屋市)で開かれ、地上波で生中継されるなど
社会現象にもなっています。

問題は、CDを買った人だけ。投票する権利が
あることです。
聞かないんい、1人でたくさん買うことが
問題になっています。
おかしいと思いますよ。
歌は、そんなによくないのにCDだけ
売れています。
何でも、売れればよいのでしょうかね。
違和感があります。



posted by masa at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

ゴーン被告

会社法違反(特別背任)などの罪で
起訴された日産自動車の前会長カルロス・
ゴーン被告の弁護人、弘中惇一郎弁護士は
12日夕、記者団に対し、ゴーン被告本人に
よる記者会見について、今週は予定して
いないことを明らかにしたそうです。

ゴーン被告と協議した弘中弁護士は
「やる以上はどういうことを言うかを
決めてから出たいので、少し時間が
ほしいとのことだった」と説明。
「今週はおそらくないと思う」と語った。

4月8日の臨時株主総会にゴーン被告が
出席するかどうかに関しては「結論的には
行かない方向みたいだ」としたが、
「まだ日にちがあるのではっきり
決まったわけではない」とも付け加えたそうです。

弁護団はこの日、都内の事務所で
弁護方針などに関する会議を開き、
ゴーン被告も参加した。
弘中弁護士によるとゴーン被告は「日産は
このままで大丈夫かと心配していた。
日産を支えていくにはそれなりの
リーダーシップが必要なので、
その点が心配だと言っていた」そうです。

でも、これだけ、ゴーン被告の不正が
出てくれば、厳しいですね。
日本の検察が動くということは、
裏付けがあるということですからね。
状況を把握すべきです。




posted by masa at 10:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

ボーイング

米航空機大手ボーイングの小型機の
販売戦略に暗雲が漂っているそうです。

最新鋭の737MAX8が10日、エチオピアで墜落。
わずか5カ月間で2機目の墜落事故を受け、
安全性への疑念が高まっているためだそうです。

エチオピアの事故では、乗客乗員157人全員が
死亡した。
同型機の墜落事故は昨年10月にインドネシアでも
起きており、離陸直後に不具合が生じたのも
同様だったそうです。

エチオピアのアビー首相は10日、事故原因の
究明に向け、包括的な調査を指示。
政府は究明のカギを握る墜落機のブラックボックスを
回収したそうです。
ボーイングのミューレンバーグ最高経営責任者
(CEO)は「政府と規制当局の調査に技術的な
協力をしている」と表明した。

格安航空会社(LCC)の台頭で、小型機の
需要は世界的に急速に高まっている。
ボーイングの737MAXシリーズは、
競合する欧州航空機大手エアバスの
A320シリーズに対抗するための
小型機戦略の柱だったそうです。

続けて事故が起こっているそうです。
原因究明が必要ですね。
日本では、使っていないのでしょうかね。




posted by masa at 08:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

韓日経済人会議

今年5月に開催される予定だった
韓日経済人会議が突然延期になったそうです。

韓国最高裁の強制徴用賠償判決などで
葛藤が生じている両国関係が影響を及ぼしたそうです。

行事を共同で主催している韓国内の
韓日経済協会はホームページで、「5月13−15日に
ソウルのロッテホテルで開催する予定だった
今年の会議が9月以降に延期された」と5日、
公示した。

協会は公示を通じて「最近、韓日関係がいくつかの
葛藤で大きな困難に直面していて、両国交流にも
多くの影響を及ぼしている」とし「両国の協会は
こうした状況を考慮し、会議の充実および成果向上の
ために会議の開催を延期することで合意した」と
明らかにした。

会議を主催する韓日経済協会はキム・ユン三養ホールディングス会長が
会長を務めている。
趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長、
朴三求(パク・サムグ)錦湖アシアナグループ会長、
崔正友(チェ・ジョンウ)ポスコ会長らが副会長だそうです。

こういう状況では、厳しいですね。
韓国政府は、もっと誠実に動くべきです。



posted by masa at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

米中首脳会談

クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は8日、
CNBCテレビとのインタビューで、貿易協議の
決着を目指す米中首脳会談について
「3月下旬か4月上旬にできるかもしれない」と
語ったそうです。

トランプ米大統領は月内の会談に意欲を
示しているが、合意に向けた作業が
依然多く残されていることから、
4月にずれ込む可能性に言及したそうです。

トランプ大統領は8日、ホワイトハウスで
記者団に「米国にとって非常に良い取引
でなければ、受け入れるつもりはない」と
強調。

合意内容にこだわる姿勢を示し、
中国にさらなる歩み寄りを促したそうです。

中国の出方ですね。
どうなのでしょうか。

予断を許しません。
世界経済に影響しますから注目ですね。



 
posted by masa at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

相乗りタクシー

来年度にも全国で「相乗りタクシー」が
解禁されるそうです。

安倍総理大臣は、「タクシー事業については
ITの活用も含めて相乗りの導入により、
利用者が低廉な料金で移動することを
可能にする」と発言しているそうです。

政府は7日の未来投資会議で、知らない人同士が
アプリでマッチングされて乗車距離に
応じて料金を割り勘する相乗りタクシーを
来年度にも全国で認める方針
を示したそうです。

利用者にとっては料金が半額ほどに
なったり、待ち時間が減ったりする
メリットがあります。
ただ、解禁すれば1台あたりの利益が
減るとしてタクシー業界は反発しているそうです。

でも、消費者にとってはよいですね。

ITが進化していますからね。
相乗りも可能だと思います。

時代がどんどん変わっています。


posted by masa at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

ルネサス エレクトロニクス

半導体大手のルネサス エレクトロニクスです。

2月末付で、取引企業などに対し、国内外の
工場すべてで2019年4〜9月の6カ月間の
あいだ、一定期間の帰休を実施すると
通知していたことが関係者への取材で
わかったそうです。

今回の帰休は前工程工場、後工程工場ともに
実施を予定だそうです。

前工程は5月および8月の大型連休にあわせて2回
(それぞれ1カ月程度)、後工程工場については、
顧客への出荷対応を考慮し、複数回に分けて
実施する予定だそうです。

取材によれば、前工程は少なくとも5月は
実施がすでに決まっているが、8月の帰休に
関しては需要を見ながら判断するという。

後工程は4〜9月のあいだ、1カ月あたりの
稼働日数は14〜15日程度になるそうです。

需給ギャップ解消に向け、これまでにも
同社では生産調整を実施していた。
自社ラインのウエハー投入量は、18年8月から
大きく減少させている。
また、ファンドリーからの購入量も18年7月から
減少しており、在庫水準の適正化に向けた
取り組みを加速させているそうです。

2か月ですか。
すごいですね。
景気が落ちてきたのでしょうか。
中国の景気がかなり減速しているようです。
影響が大きいですね。


posted by masa at 09:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

日産自動車

日産自動車(Nissan)です。

欧州部門は3月5日、スイスで開幕した
ジュネーブモーターショー2019において、
「e-POWER」システム搭載車を欧州市場に
投入すると発表したそうです。

e-POWERシステムは現在、日本向けの
『ノート』と『セレナ』に搭載されている。

e-POWERは、発電専用のガソリンエンジン、
発電機、インバーター、バッテリー、
電動モーターでシステムを構成する。
ガソリンエンジンは発電にのみ使用されるため、
常に最適な速度で回転するそうです。

このため、従来の内燃エンジンと
比較して、燃費や排出ガス性能に
優れるという利点を持つそうです。

日産はジュネーブモーターショー2019において、
このe-POWERシステム搭載車を欧州市場に
投入すると発表したそうです。

e-POWERシステム搭載車は、日本国内の
ノートの販売の7割以上、セレナの
販売のほぼ半分を占めているそうです。

この自動車のコンセプトは面白いですね。
人気があるのですね。
これから注目です。


posted by masa at 09:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

MRJ

三菱重工業グループの国産初の小型ジェット
旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)です。

商用運航に必要な型式証明(TC)を取得するための
最終的な飛行試験が、米国で現地時間3日から
始まったそうです。

TCは耐空性など安全性の要件を満たして
いることを国が証明。
取得には順調でも1年程度かかる見通しで、
目標とする2020年半ばの初納入へ
正念場を迎えるそうです。

当初13年を目指したANAホールディングスへの
初号機納入は、設計の見直しなどで5回延期。
納入への最大の関門となる最終飛行試験も
1月下旬の実施を目指したが、天候不順や試験に
向けた日米当局などとの調整に時間がかかり、
1カ月以上遅れたそうです。

三菱重工は4月1日付で、在任期間が6年間に
及んだ宮永俊一社長が会長となり、
泉沢清次常務が社長に昇格する。

宮永氏は2月の社長交代会見で、MRJに関し
「(残された)懸案事項」と指摘。
トップ交代前に最終飛行試験の開始に
こぎ着けたものの、依然として綱渡りの
状況に変わりはないそうです。

成功してほしいですね。
なかなか前に進みません。
厳しい状況なのですね。



posted by masa at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする