2019年03月07日

ルネサス エレクトロニクス

半導体大手のルネサス エレクトロニクスです。

2月末付で、取引企業などに対し、国内外の
工場すべてで2019年4〜9月の6カ月間の
あいだ、一定期間の帰休を実施すると
通知していたことが関係者への取材で
わかったそうです。

今回の帰休は前工程工場、後工程工場ともに
実施を予定だそうです。

前工程は5月および8月の大型連休にあわせて2回
(それぞれ1カ月程度)、後工程工場については、
顧客への出荷対応を考慮し、複数回に分けて
実施する予定だそうです。

取材によれば、前工程は少なくとも5月は
実施がすでに決まっているが、8月の帰休に
関しては需要を見ながら判断するという。

後工程は4〜9月のあいだ、1カ月あたりの
稼働日数は14〜15日程度になるそうです。

需給ギャップ解消に向け、これまでにも
同社では生産調整を実施していた。
自社ラインのウエハー投入量は、18年8月から
大きく減少させている。
また、ファンドリーからの購入量も18年7月から
減少しており、在庫水準の適正化に向けた
取り組みを加速させているそうです。

2か月ですか。
すごいですね。
景気が落ちてきたのでしょうか。
中国の景気がかなり減速しているようです。
影響が大きいですね。


posted by masa at 09:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする