2019年04月03日

国際通貨基金

国際通貨基金(IMF)です。

ラガルド専務理事は2日、ワシントンで
講演し、「世界経済は成長の勢いが
さらに失われた」と述べ、来週公表する
最新見通しで、今年の成長率を従来の
3.5%から下方修正することを示唆したそうです。

景気悪化の恐れが強まる中、米中貿易戦争の
エスカレートなど「政策ミス」を避けるよう
警告したそうです。

専務理事は、貿易問題や英国の欧州連合
(EU)離脱をめぐる混乱を挙げ「世界経済は
細心の注意を要する局面」と説明。

世界の7割で今年は減速する見通しだと語ったそうです。
IMFは1月に今年と2020年の成長予想を
引き下げており、専務理事はさらなる鈍化に
警戒感を示したそうです。

IMFの存在感がないですね。
何のためにあるのでしょうか。

アメリカや中国に対して何も
言わないですね。

 
posted by masa at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする