2019年09月09日

洋菓子店の倒産

洋菓子店の倒産が目立っているそうです。

帝国データバンクの調べでは、いわゆる
「街のケーキ屋さん」などの洋菓子店の
倒産が2019年8月までに30件発生。

2000年以降で最も多く発生した2018年の
同時期(25件)を上回るハイペースで
推移しており、通年で最多を更新する
可能性も出てきたそうです。

特に多い経営破たんは地元の有名店。

「至高のモンブラン」など高い知名度の
看板商品を有していたモンブラン(兵庫)、
「ユカたん」や「レモンケーキ」などの
ヒット商品を抱えたニシムラフアミリー
(北海道)など、地元で愛されてきた
洋菓子店のケースが目立つ。

国内では男女問わずスイーツ人気が定着し、
追い風が吹いているように見える洋菓子店。

それにも関わらず苦境に陥る背景には、
「コンビニスイーツ」に代表される
顧客の購買パターンやチャネルの
変化などが要因となっているようです。

2017年のスイーツ市場全体のうち、
専門店などが占めるスイーツショップの
市場規模は前年比1.1%減少したのに対し、
量販店やコンビニなどが占めるホールセールの
市場規模は0.7%増加した。

特に、コンビニ各社は洋菓子店より
安価で高品質なスイーツを揃え、
「プチ贅沢」需要を狙った高価格帯商品も
人気だそうです。

コンビニが強いですね。
どんどん新商品が開発されています。
そして安いです。
競争が激しくなっています。


posted by masa at 09:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする