2019年10月01日

日銀短観

日銀が1日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)です。

それによると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は
大企業製造業がプラス5となり、前回6月調査の
プラス7から2ポイント低下した。

悪化は3四半期連続。

2013年6月以来の低水準で、米中貿易摩擦への
懸念が産業界に一段と拡大した格好となった。

DIは業況が「良い」と回答した企業の割合から
「悪い」と答えた割合を引いて算出する。
3カ月後の見通しはプラス2で、足元から一段と
低下したそうです。

一方、大企業非製造業の業況判断DIは
プラス21となり、前回調査から2ポイント
低下した。
悪化は2期ぶりだそうです。

まだプラスですが悪くなっています。

中国の景気が落ちているからでしょうか。
でも中国の指数は、変わらないようですが。

不思議ですね。

posted by masa at 09:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする