2019年10月30日

日本電産

中国経済の失速で業績を下方修正した
日本電産が、怯むことなくEV(電気自動車)
向けに1兆円の投資を実施する方針を
明らかにしたそづえす。

オーナー経営者ならではの決断であり、
一般的なサラリーマン社長には到底、
真似のできない芸当だが、中国市場と
EVに賭ける大胆な戦略です。

日本電産はハードディスクドライブ(HDD)用
モーターで急成長したベンチャー企業だが、
積極果敢なM&A(合併・買収)であっという間に
業容を拡大させ、今や日本を代表する
企業となったそうです。

多くのメーカーがここ20年で国際競争力を
低下させる中、日本に残った最後の
物作り企業だそうです。

同社の急成長は、創業者で現在もCEO(最高経営責任者)を
務める永守重信会長の卓越した能力によって支
えられてきた。
同氏の才能はM&Aと意思決定の大胆さに
象徴的に示されている。

すごい投資です。
EVは世界の流れですからね。
永守さんの決断はすごいですね。
次の成長ですね。

posted by masa at 09:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする