2019年11月22日

スーパーマーケット

人口減少やネット通販の台頭で、多くの
スーパーマーケット(SM)が販売不振に
あえいでいるそうです。

数十店規模の店舗閉鎖や譲渡を検討するSMも
あるそうです。

業界が苦戦する中、業績を伸ばしているのが
成城石井だ。
SMが基本とする生鮮3品にこだわらず、
わずか1カ所のセントラルキッチンで
作り出す総菜などが人気だ。
競合が出られない極狭の場所に
注力するといった独自戦略で支持を
集めているそうです。

業界ではイトーヨーカドー(約158店)が10月、
全国33店舗で他社との連携を探り、困難なら
閉鎖すると発表。

業界最大手であるイオンのSM事業も、
19年3―8月期の営業利益は前年同期比74・7%減の
28億1500万円だった。

一方、成城石井(約154店)の2019年3―8月期の
営業利益は前年同期比17・2%増の42億円。
17年に行った決算期変更で単純比較はできないが、
2年続けて営業増益と堅調だ。

同社の業績をけん引する一つは総菜だ。
セントラルキッチン(東京都町田市)で開発、
製造する。

一流料理店出身のシェフらが、一般家庭では
食べられないようなレシピを作成。
保存料や合成甘味料なども使わないエスニック系
総菜など常に300品目以上あり、購買動向を
分析して素早く改廃するそうです。

スーパーも差別化が必要ですね。
そうしないと、生き残れませんね。
そういう時代です。


posted by masa at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする