2020年02月12日

中国の物価

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、
中国の生産や物流が滞って物価が
急騰しているそうです。

1月の消費者物価指数(CPI)上昇率は
5・4%と8年3カ月ぶりの高水準。

物流や市場が整っている北京市でさえ、
市場によっては白菜は1月の春節前の
3倍、大根とキュウリは2倍の値を
つけているそうです。

上昇の主因は二つの疫病だ。まずアフリカ豚熱
(ASF)の流行で豚肉が品薄となり、
1月の豚肉価格は前年比2倍以上の水準に。

CPI上昇率でみても、昨年12月はASFを
主因に4・5%まで上がった。追い打ちをかけたのが
1月下旬以降に急拡大した新型肺炎。

国家統計局の董莉娟・高級統計師は
10日発表の1月のCPI上昇について
「春節と新型肺炎が影響した」と解説した。

人口が多いので、物流が止まると、
物価があがりますね。
影響が大きくなります。

早急に収束させる必要があります。
社会不安が増大しますね。

posted by masa at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする