2020年02月18日

アップル

米アップルは17日、1−3月期の売上高
ガイダンスを達成できない見通しを明らかにしたそうです。

中国での新型コロナウイルス感染拡大に
伴う業務の遅れと需要減少を理由に挙げた。

アップルは発表資料で、「中国で業務が
再開され始めているが、われわれは当初の
予想よりも、通常の状況に戻るのが遅いと
理解している」と説明。

世界的に「iPhone(アイフォーン)」の
供給が「一時的に抑制」されるだろうとしている。

また、店舗休業や営業時間短縮、
来店客数の減少で中国内での
製品需要も減っていると指摘した。

同社は従来、1−3月(第2四半期)
売上高を630億−670億ドル(約6兆9200億−
7兆3600億円)と見込んでいたそうです。

ブルームバーグが集計したアナリスト
予想平均は652億3000万ドルだった。

同社はこの見通しを発表した1月時点で、
工場再開が2月10日になるとしていたが、
ウイルス封じ込めの取り組みのため再開プロセスは鈍い。

米中摩擦と新型肺炎の影響でしょうか。
今年は、ファーウェイが2位になりそうですね。
厳しくなりそうですね。

posted by masa at 10:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする