2020年03月07日

NY原油

6日のニューヨーク原油先物相場は
急落し、指標の米国産標準油種(WTI)の
4月渡しが前日比4.62ドル(10%)安の
1バレル=41.28ドルと、2016年8月以来
約3年7カ月ぶりの安値で取引を終えたそうです。

原油価格を下支えするための産油国による
協調減産拡大を巡り、石油輸出国機構(OPEC)と
ロシアなどとの協議が決裂したため
失望売りが広がったそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大による
世界的な需要低下への懸念も根強かったそうです。

ロシアが反対したのですね。
ロシアの経済は悪いですからね。

これ以上外貨が減るとたいへんなのですね。

原油価格も当分下落しますね。

日本にとってはよいですが。

posted by masa at 10:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする