2020年04月01日

日銀短観

日本銀行が1日に発表した3月の
全国企業短期経済観測調査(短観)で、
代表的な指数である大企業・製造業の
業況判断指数(DI)が、前回の昨年
12月調査から8ポイント悪化し
マイナス8となったそうです。

悪化は5四半期連続で、2013年3月
調査以来、7年ぶりにマイナスになった。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に
よる需要の減少や、中国での生産停止が
長引きサプライチェーン(部品供給網)が
寸断されたことで、輸出企業を中心に
悪化幅が大きかった。

大企業・非製造業は12ポイント悪化の
プラス8で、13年3月調査以来の低い水準。

訪日外国人客の急減に加え、各種イベントの
休止や外出自粛による需要の低迷が大きく
響いたそうです。

感染が続いていますからね。
景気が悪くなっています。

厳しいですね。


posted by masa at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする