2020年08月08日

沖縄

県ホテル旅館生活衛生同業組合
(宮里一郎理事長)は7日までに、
県内ホテルのキャンセル状況について
調査結果をまとめたそうです。

県独自の緊急事態宣言が発令された
7月31日から今月3日までの4日間だけで、
県内48施設の年内の予約について3万2653人の
キャンセルが出ている。

キャンセルに伴う損失額は総額3億3367万円に上る。

このうち修学旅行は38件で5028人分のキャンセルが
出ており、総額4797万円の影響となっている。

宿泊予約の低迷やキャンセルにより、
客室稼働率が10%台まで落ち込む
ホテルも出てきている。

調査によると、組合加盟施設の7月の
平均客室稼働率(55施設)は37・6%だった。

前年同月の73・5%に比べて大きく落ち込んで
いるものの、5、6月よりは回復傾向にあった。

だが県内での新型コロナウイルスの感染
再拡大により、8月に入って状況が悪化している。

今年春に開催予定だった修学旅行は9月以降に
振り替えとなっていたが、それらもキャンセルに
なり始めている。
1校で数百人単位の予約となる修学旅行の
キャンセルは、ホテルにとって痛手となる。

沖縄の感染者が増えています。
そして、県外からの感染者は来てほしくない
ように言っています。
経済を取るのか、感染者を減らひたいのか、
よくわかりませんね。

観光客もキャンセルすると思いますよ。


posted by masa at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする