2021年01月02日

中国通信大手

ニューヨーク証券取引所は1日までに、
中国の通信大手3社の上場廃止手続きを
開始すると発表したそうです。

トランプ米大統領が昨年11月に
署名した大統領令で、中国軍を
支援していると見なした中国企業への
投資を禁止したことを受けた措置だそうです。

3社は中国移動通信(チャイナモバイル)、
中国電信(チャイナテレコム)、中国聯通(チャイナユニコム)。

1月7日か11日に取引を停止する予定。

ロイター通信によると、3社は香港の取引所にも
上場しているという。

昨年11月の大統領令では「中国は軍民融合という
国家戦略を通じて軍産複合体の規模を
拡大させている」と指摘したそうです。

アメリカは、どんどん中国企業に
制限をかけています。
これからどうなるのでしょうか。


posted by masa at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする