2021年01月13日

宿泊業

2020年(1-12月)の宿泊業の倒産は、
前年から1.5倍増の118件(前年比57.3%増)に
急増し、2013年以来、7年ぶりに100件台に
達したそうです。

このうち、新型コロナウイルス感染拡大を要因
とした倒産は55件発生し、宿泊業の倒産のほぼ半数
(構成比46.6%)を占めた。

業種別の構成比では、新型コロナウイルス
関連倒産件数トップの飲食業(同16.3%)や
アパレル関連(同16.0%)を大きく上回り、
最も高いそうです。

新型コロナ感染拡大はインバウンド観光客の
入国停止、緊急事態宣言発令による外出自粛などで、
人の移動を大幅に制限し宿泊業界に大打撃を与えた。

政府は2020年7月、観光業界への支援で
「GoToトラベル」キャンペーンを開始したが、
一部の人気観光地や宿泊施設に予約が集中し、
恩恵に与れなかった宿泊施設も出ていた。

また、海外からの入国制限は緩和が進まず、
盛り上がりを見せたインバウンド需要は
消失したままです。
だそうです。

gotoトラベルも停止されました。
寒いかは感染者は増えます。
Gotoトラベルを停止しても、感染者は減少しません。

マスコミは騒ぎすぎです。
結局は、経済を減速させているだけです。
大変です。

posted by masa at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする