2021年01月19日

サムスン

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が
18日の差し戻し審で実刑を宣告されると、
財界関係者らは当惑を隠せなかったそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大で
厳しい状況にある経済界に悪影響を
与える恐れがあるという懸念からだ。

これに先立ち大韓商工会議所と中小企業中央会
などは李副会長のために嘆願書を
提出するなど裁判所に善処を訴えたが
事実上無為に帰したそうです。

全国経済人連合会は今回の判決で
サムスンの経営活動だけでなく
韓国経済も萎縮する可能性があると懸念する。

全経連のペ・サングン専務は「李副会長が
コロナ発の経済危機の中で果敢な投資と
雇用創出を陣頭指揮し韓国経済を支える
一助となってきた。拘束判決に対しとても
残念に思う」と明らかにした。

ペ専務は「長期間のリーダーシップ不在は
新事業進出と迅速な意志決定を遅延させ、
グローバル競争で遅れを取る結果を
招くことになる。

サムスンが韓国経済で占める割合、
グローバル企業としての地位などを
考慮すると、韓国経済全体にも
悪影響を与える恐れがある」と強調した。

実兄になるようです。
通常だと執行猶予がありますが、見なかったですね。

韓国は、サムスンでもっているのですね。
大変ですよ。
サムスンがつぶれると韓国もつぶれます。


posted by masa at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする