2009年06月04日

出生率があがるも人口減少

2008年に出生率が、1.37で
前の年より少しあがりました。

でも、人口は減少してるようです。

つまり、年寄りが亡くなっているのです。

戦中、戦後に生まれた人が亡くなって
いるのですね。

これは、仕方のないことです。
高齢の人が増加していますから。

本来は、もっと子供が増えた方が
よいのですが、若者の給料が増えない
状況では、子供は作れないですね。

そういう意味では、高齢者が亡くなって
社会保険、年金の負担が少なくなるのは
良いことです。





ラベル:人口減少
posted by masa at 08:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする