2009年10月22日

普天間移設問題

鳩山由紀夫首相と北沢俊美防衛相は、来日中のゲーツ米国防長官と
相次いで個別に会談しました。



長官は、「普天間の代替施設なしに米海兵隊のグアム移転はない」と
述べたようです。

在日米軍再編の日米合意の一つである米海兵隊移転という沖縄の
負担軽減に絡めて、現行計画の実施を強く迫りました。

アメリカは、交渉が上手です。

グアム移転はアメリカの世界戦略です。
当然、普天間の移設の問題もあります。

過去、日本とアメリカが合意したものを、そんなに簡単に
ひっくり返せるものではありません。

鳩山首相は、アメリカの大学を出ているのですから
アメリカ人を知っていると思いましたが。

民主党は、やっぱり甘いですね。

まだ、最初の政権ですから多めに見ていますが、
どうやってこの問題をまとめるでしょうか。

もし、問題を収められなかったら、民主党は
壊れるでしょうね。

この駆け引きは難しいですよ。
自民党は、悪く言われていますが、ずっとこれを
最前線でやって来たのですから。

posted by masa at 08:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする