2009年12月24日

診療報酬全体0.19%引き上げ?

長妻昭厚生労働相は1来年度の
診療報酬の改定率をめぐり
藤井裕久財務相と折衝し、
医師の技術料などに当たる
「本体」部分と、「薬価・材料価格」を
合わせた診療報酬全体を0.19%引き上げる
ことで合意したそうです。

でも、そんなことを言っても国民にとって
どうなるかよくわからないですね。

保険料が増えるのか、病院での
支払が増えるのかどうなのでしょうか。

もし、国民の負担が増えるのであれば、
きちんと説明すべきですね。

民主党も、自民党と変わらないですね。

内閣の支持率もどんどん落ちています。

本当に国民のための政策なのでしょうか。

もっと説明して欲しいですが。

ラベル:診療報酬
posted by masa at 08:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする