2010年03月13日

グーグルの中国問題

米インターネット検索エンジン
大手グーグルが中国のネット検閲を批判した
問題です。

改善されなければ撤退する意向を表明しますね。

中国の李毅中工業・情報化相は
記者会見で、「出て行くのも、とどまるのも自由だ」
との考えを明らかにしたようです。

中国はそうとしかいえませんね。

情報をオープンには出来ませんから。
中国国内が不安定になります。

13億人が暴動を起こしたら大変です。
天安門事件が最たるものです。

中国の若い人はあまり知らないと
思いますよ。

中国は、昔から政権が変わると、
180度変わりますから。

グーグルは、中国市場を
あきらめるでしょうか。

もし、グーグルが中国をあきらめたら
世界の情報の一元化は出来なくなりすね。

対応が見たいです。

ラベル:グーグル
posted by masa at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする