2010年04月15日

2011年の新卒採用も厳しい

日本経団連が新卒採用アンケートを
発表しました。

今年の春に大学・大学院などの
新規卒業者を採用した企業の割合は
前年より4・7ポイント少ない
91・1%でした。

1997年度の調査開始以来、初めて
2年連続で前年より下がったそうです。

2011年卒の人材を採用する予定の
企業の割合は87・5%と、前年より
1・1ポイント改善したようです。

でも採用人数は、
「増やす」は18・5%にとどまり、
「減らす」が22・6%、
「変わらない」は41・1%そうです。

厳しいですね。

2011年度も採用が同じか減らす
企業が多いですね。

これから日本をになう人材を生かすことが
できないのは、本当に困ります。


ラベル:新卒採用
posted by masa at 08:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする