2010年05月17日

高齢社会白書

政府が高齢社会白書を出したようです。

将来は65歳以上の高齢者人口に占める一人暮らしの
割合が男性が増加するようです。

女性で22年の19.4%から
32年に20.9%と微増なのに対し、
男性は11.0%から17.8%に急増すると
推計しています。

「男性の一人暮らしは社会から孤立している者が多い」
とも指摘しているようです。

孤立の背景としては、単独世帯や
夫婦のみ世帯の増加、婚姻率の低下、
離婚率の上昇などがあるようです。

ということは、現在も男性が1人の世帯が
多いということですね。

現在でも、高齢者人口が過去最高の
2901万人になったようです。

年金なんかはどうなっているのでしょうかね。
収入も気になります。




ラベル:高齢社会白書
posted by masa at 08:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする