2010年12月14日

普天間問題

菅直人首相が沖縄を訪問するようです。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の
移設問題への対応について、「県民の皆さんに
(民主党政権の迷走を)謝るべきところは謝りながら、
(同県名護市)辺野古への移転が少なくとも今の
普天間よりも危険性が少なくなることも含め、
きちんと(県民に)説明したい」と述べたそうです。

さあ、どうなるでしょうかね。

普天間問題を、やっと返野古にきめるのに
10年かかりましたからね。

それを、鳩山が一言で、ひっくり返してしまいました。
社民党に言われたからです。

難しい問題です。

これまで、沖縄には、数兆円も税金を
投入しています。

どうなるのでしょうかね。

ラベル:普天間問題
posted by masa at 08:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする