2011年01月11日

北朝鮮

朝鮮中央通信は8日付の論評で、2008年8月から
中断している日朝交渉に意欲を示した前原誠司外相の
4日の発言について「時代の流れと国家間の関係発展に
合致する肯定的な動きに間違いない」と評価しました。

何で、前原誠司外相が、こんな発言を
したのでしょうかね。
もし、本当なら少し軽率かもしれません。
思惑があったのでしょうかね。

北朝鮮としてが、誰でも対話したいのですね。

でも、日本が対話する前に、韓国と北朝鮮が
対話すべきですね。

北朝鮮が韓国を砲撃したのですから。

やっぱり、日米韓で意思統一をして
おくべきだと思います。

今後の戦略を練るべきですね。
ラベル:北朝鮮
posted by masa at 08:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする