2011年01月29日

IMFの判断

アメリカの格付け会社が、日本の
国債の格付けを下げましたね。

国際通貨基金(IMF)のコッタレリ財政局長は
27日の記者会見で、米格付け会社スタンダード・
アンド・プアーズ(S&P)が日本の長期国債の
格付けを1段階引き下げたことについて、
「日本が中期的に全面的な財政再建を
必要としているのは明らかだ」と述べました。

格付け会社の格付けで、一番上のグループに
アメリカがいます。

借金だらけの国なのに、何故一番上なのでしょうかね。

簡単です。

格付け会社が、アメリカの会社だからです。

もし、アメリカの格付けを下げたら、誰も
アメリカの国債を買いません。

格付けが正しかったら、リーマンショックなんか
起こらなかったのです。

IMFだって同じです。
他の国の言うことなんか聞く必要は
無いと思いますよ。

ラベル:IMFの判断
posted by masa at 09:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする