2011年03月04日

大学生の自殺が増加

大学生の自殺が増加しているようです。

警察庁は3日、2010年の自殺統計を
公表しました。

自殺者総数(確定値)は前年より3.5%
減少したものの、3万1690人で13年連続の
3万人超えです。

「就職失敗」が原因・動機の一つと判断された人が、
前年より2割多い424人に上り、うち大学生は
46人で前年の2倍になりました。

「超氷河期」と言われる厳しい就職環境を
反映したとみられるそうです。

やっぱり、大学の競争が無くなったから
だと思います。

推薦入試やAOL入試が増えました。
高校生は減っているのに、大学の数は、
変わりません。

誰でも何も努力をしなくても大学にいけます。

そして、就職になると、競争が起こります。
企業の選択も厳しくなります。
内定が貰えないと、失望します。

就職なんか、人生の一部分でしかないのにね。
それが、わからないのです。

大学を減らすべきですね。


posted by masa at 07:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする