2011年03月05日

アメリカの失業率

アメリカの失業率が改善しているようです。

米労働省が4日発表した2月の雇用統計
(速報値)によると、失業率は8.9%と
前月比で0.1ポイント低下しました。

2009年4月(8.9%)以来
1年10カ月ぶりの低い水準となりました。

改善は3カ月連続dす。
市場予想(9.1%)も下回り、雇用の順調な
回復ぶりを裏付けました。
米景気の先行きに対する楽観的な見方が一段と
強まりそうです。

本当に良くなっているのでしょうか。

リビアの情勢で、原油価格が上がっています。
このまま、景気が上がって行けばよいですが。

posted by masa at 08:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする