2011年04月08日

液状化の影響

今回の地震で液状化現象が起こっている範囲が
広いようです。

東日本大震災で、液状化現象が
関東地方から東北地方まで、過去最大規模の
広範囲にわたって発生していたことが6日、
地盤工学会の現地調査で分かりました。

揺れた時間の長さが一因とみられ、
沿岸部の住宅地を中心に被害が拡大しました。

中には自治体が「危険度が低い」と認定していた
地域で被害が出たケースもあり、液状化対策の
抜本的な見直しをしないといけないようです。

東京の浦安は、昔は、海だったところを
埋め立てています。

今回の地震で、マンホールが地上に飛び出して
いました。
地中から、砂が上がってきたところも
あります。
すごい、砂煙です。

生活できませんね。

日本には、埋め立てた土地もかなり
ありますから、液状化対策は必要ですね。
ラベル:液状化の影響
posted by masa at 08:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする