2011年05月04日

原発でガソリンが余る?

原発の影響でガソリンが余るかも
知れません。

東京電力福島第1原子力発電所の
事故に伴う電力不足対策で
火力発電の割合が高まります。

燃料となる重油の需要が拡大します。

石油元売りは増産などで対応するが、
精製過程でガソリンも生産されるようです。

東日本大震災の発生直後に被災地や首都圏で
燃料不足が深刻化したが一転、余剰になるとの
見方が出ているようです。

重油を作るときにガソリンや灯油もできるのは
知りませんでした。

重油を作ればガソリンも安くなるから
いいと思います。

石油連盟の会長は「収益性の低い重油の
ためにガソリンや灯油が余るのは困る」と
懸念しているようです。

自分の会社の利益ばっかり考えて
いるのですね。

原子力発電ができないのであれば火力で
やるしかないと思います。
ガソリンが出きたら値段を安くすればよいのです。
posted by masa at 08:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする