2011年06月15日

汚染水の処理

福島第1原発事故で、東京電力は14日、
高濃度汚染水を処理するシステムを
動かし始めました。

セシウム吸着装置の試運転で放射性セシウムの
濃度が約3000分の1程度まで低減したと
発表しました。

松本純一原子力・立地本部長代理は
「除染能力としては目標を達成できた」との
見方を示したそうです。

よかったですね。

これで、循環して、放射能を出さずに、
原発の冷却がおこなえます。

一安心です。
早急に、現在の汚染水をきれいにする必要が
あります。


ラベル:汚染水の処理
posted by masa at 07:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする