2011年10月18日

ぶら下がり取材

野田首相の17日の内閣記者会インタビューです。

首相官邸での「ぶら下がり取材」について、
「基本的には受けないという立場だそうです。

記者会見やインタビューで国民に対する
説明を果たしていく」と述べ、改めて応じない
考えを示したそうです。

理由については「こういう形で、落ち着いて
説明できることが望ましい」と語ったそうです。

国民の支持率をあげるという意味では
行う方がよいと思います。

本当に慎重ですね。
でも、あまり慎重で国民の前に
でないと、何をやっているのかわかりません。

自分の意見をきちんと言えばよいと思います。

あまりにも安全運転をすると影が薄くなります。
何をやりたいのかやったのかわからなく
なります。

何もしないのが無難ですが、国民は
強いリーダーを求めています。
posted by masa at 08:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする