2012年01月27日

君が代訴訟

君が代訴訟問題です。

学校行事で日の丸に向かって
起立し君が代の斉唱を求める
東京都教委の通達は違憲として、
都立学校の教職員らが義務がないことの
確認などを求めた訴訟の上告審です。

最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は
判決を2月9日に言い渡すことを決めました。

2審判断を見直す場合に行われる弁論が開かれず、
教職員が逆転敗訴した東京高裁判決(11年1月)が
確定する見通しです。

1審・東京地裁判決(06年9月)は
「教育基本法が禁じる『不当な支配』に当たり、
憲法が認める思想・良心の自由を侵害する」として
通達を違憲と判断し、賠償も命じた。

これに対し2審は「不当な支配に当たらず、
憲法にも反しない」と逆転敗訴としていました。

君が代を歌いたくなかったら、教師を
やめればいいのですよ。

教師だから問題なのです。
こういう教師がいるから日本はだめに
なるのですね。

ラベル:君が代訴訟
posted by masa at 07:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする