2012年03月30日

日本航空の解雇

日本航空は倒産しました。

会社更生手続き中だった日本航空が
行った整理解雇の問題です。

整理解雇は無効だとして、解雇された
パイロット計76人が同社を相手取り、
社員としての地位の確認などを求めた
訴訟の判決が29日が、東京地裁でありました。

渡辺弘裁判長は解雇は適法と判断し、
地位確認の請求を退けた。

原告側は控訴する方針。
会社更生手続き中に管財人が行った
整理解雇の有効性についての司法判断は初めてです。

原告側は未払い賃金の支払いも求めていたが、
判決は2人の手当の不足分として計約61万円のみ
認めたそうです。

会社が倒産したら、全員解雇なのです。
なぜ、裁判をするのでしょうか。

日本航空は、税金なんか投入しなかったら
よかったのです。
そうすれば、年金の問題も解雇の問題も
ありませんでした。
東京電力と同じですよ。

 
posted by masa at 07:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする