2018年04月27日

東京チカラめし

東京チカラめしです。

2011年以降急速に店舗数を増やし、
一時は既存の大手牛丼チェーンを
脅かすほどの勢いがあったそうです。

しかし、急拡大の一方で“負ける”のも
早かったそうです。

12年9月には店舗数が100店を
超えたが、現在は都内を中心に
10店舗程度を運営するにとどまるそうです。

東京チカラめしを運営しているのは、
居酒屋「東方見聞録」や「月の雫」を
手掛ける三光マーケティングフーズです。

東京チカラめしの焼き牛丼には
「焼く」というオペレーションがあり、
すき家や吉野家のように「よそう」だけの
店舗と比べて提供時間が長くなる。
つまり、ピークタイムに客数が稼げないそうです。

回転数が重要な業界でしからね。
厳しいですね。
競争がどんどん激しくなります。

posted by masa at 08:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする