2018年05月22日

無印食品

無印良品です。

道の駅の展開を始めたそうです。
「無印良品」を展開する良品計画は
千葉県鴨川市に道の駅「里のMUJIみんなみの里」を
開いたそうです。

良品計画が同施設・鴨川市総合交流ターミナルの
指定管理者となり、運営を始めたそうです。

みんなみの里は生活雑貨店である
「無印良品」、「農産物、水産物を扱う直売所」、
そして「開発工房」の3棟で構成されているそうです。

無印良品の売り場面積は約160平方メートルで、
どこにでもある衣料品、日用品、雑貨、
食品という商品構成で無印の小型版だそうです。

農水産物の直売所の内装は農家スタイルだ。
直売所にはカフェレストランである
「Cafe&Meal MUJI」が
併設されているそうです。

気になる直売所だが、無印が運営して
いるだけあって、他の道の駅に比べ、
加工食品が多く見受けられたそうです。

無印が道の駅ですか。
いろいろな業界に進出しています。
よいかもしれませんね。
注目です。


posted by masa at 08:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする