2018年05月28日

就職活動

2019年春卒業予定の大学生らの就職活動です。

面接などの選考が6月1日に
解禁され、本格化するそうです。
人手不足を背景にした「売り手市場」が
続く中、学生の大企業志向が
強まっているそうです。

リクルートワークス研究所によると、
従業員5000人以上の企業を目指す
19年卒予定の大学生・大学院生は
18年卒と比べ約12%増の13万8800人だったそうです。

ただ、採用枠は約5%増の5万1400人で、
希望者1人当たりの求人数を示す求人倍率は
0.37倍にとどまっているそうです。

従業員300人未満の企業では、希望者数が求人数を
大きく下回る状況が続いているそうです。

19年卒の求人数46万2900人に対し、
希望者数は約1割の4万6700人。
中小企業が敬遠される背景には
「大手と比べ待遇面が劣っているイメージ」
(同研究所)などがあるそうです。

大企業志向ですね。
でも、中小企業でもいい会社は
たくさんあります。
やりがいもあります。

でも、大学生はわかりませんね。



posted by masa at 08:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする