2018年07月18日

西友の売却

米国の小売り大手・ウォルマートが傘下の
西友を売却する方針だと報じられたそうです。

国内外のIT企業の名前が買い手に
浮上しているそうです。

問題は、買い手がつくかどうかだそうです。

西友は、関東を中心に鉄道駅の
そばなど好立地の店舗を持つ。
その反面、店舗の老朽化は否めない。
イオンなど既存の小売大手が、現在の
西友の事業をそのまま引き継ぐ
余裕はないそうです。

そうした事情から、買い手をめぐる憶測では、
楽天や中国のIT巨人、阿里巴巴集団(アリババ・グループ)、
ドンキホーテホールディングス(HD)など、
様々なプレイヤーの名前が飛び交っているそうです。

まず、今年1月にウォルマートと「戦略的提携」を
発表した楽天。
ウォルマートのダク・マミロンCEOが直々に
来日して三木谷浩二社長と握手して
見せたそうです。

どうなるでしょうか。
小売りも競争が激しくなっています。
posted by masa at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする